神サポ電気PLUSの削減効果について

前回は「キリスト新聞社のツイートで取り上げて頂きました」のタイトルで書いたのですが、内容が電気の安くなる%の話になりアました。タイトルを変更しました。要約は神サポ電気PLUSを教会でご使用の場合だいたい10%くらいが削減できるけど、地域によって10%の元々の数字が異なるので、だいたいと表現しています、と書きました。今回は電気の使い方です。
通常、従量電灯と言われる電気は月曜から日曜まで毎日同じ単価です。もちろんオール電化メニューのように夜間と曜日で単価が異なるものものあります。神サポ電気PLUSはその視点で土日の料金単価を安くするメニューになっています。このメニューはキリスト新聞さんが主催なので、いろいろアイデアを頂きました。教会は土日の使用量に偏りがある、というのがポイントです。高圧電力(工場とかビルとかで使っている)はもともと曜日別のメニューがあります。時間帯別もあります。でも、低圧電力には見当たりませんでした。そのため、土日の使用量の多い教会に向けて土日の単価が安い電力メニューをつくりました。
料金計算の時に、すべてとは言えませんが、フラットなメニューと比較をします。1週間の半分が土日に集中していればお得になる計算です。
電気は目に見えないものですから、いろいろな試算を試してみるのがいいと思います。皆さんの教会やお宅にやってくる電気は、大きな電力会社も小さな電力会社も同じ電気です。安くなる方がいいと思います。

info@mydenki.com 宛に左の紙をスマートフォンから撮影してお送りください。お見積りをいたします。

キリスト新聞社のツイートで取り上げて頂きました

キリスト新聞社のツイートで取り上げて頂きました

キリスト新聞さんのツイートで取り上げて頂きました。すごくうれしいのでご紹介です。現在ご加入中の教会さんは10%以上下がっているところが多いです。なぜ結構ばらつきがあるのかをご説明します。(結構難しいので自信がないですが)
まず、地域です。私たち新電力は市場というところから電気を買う場合が多いです。まぐろとか大根とかと同じ仕組みです。現物がないのでリアルな場所はありません。この市場価格は以前の電力会社のエリアで分かれています。それは新電力が電線を持っていないので、送電(託送といいます)を一般電気事業者さん(東京だと東電さん)の送配電事業(テプコパワーグリッドさん)に委託をしているからです。各エリアで分かれた市場価格はこのところ西高東低です。また、元々の価格(一般電気事業者さんの従量電灯Bとかの価格)が異なります。「どれくらい下がったか?」というのは前の価格と比較した率ですから、分母も分子も各エリアで異なります。その結果下がる率にばらつきができます。(これだけではありませんので、続きは後日)※明日を翌日かけなかったため後日に訂正。
ご質問は iwase@mydenki.com まで。必ずご返信をいたします。

神サポ電気と神サポ電気プラス

神サポ電気と神サポ電気プラス

キリスト新聞社さんとのコラボで「神サポ電気」と「神サポ電気プラス」を20日より受付開始いたしました。

神サポ電気は寄付電気と同じ商品です。お客様がご指定する教会電気代の4%が献金されます。備考欄に献金先の教会をご指定頂くのが新しいところです。当社はいろいろ大変ですが、大丈夫そうです。将来的にネコ電気も寄付先を指定できるようにしたいと思います。

神サポ電気プラスは教会などの施設向けの電気です。こちらは教会さんにご加入をお勧めしているため、献金はありません。神サポ電気プラスには、神サポ電気プラス【低圧】と【高圧】があります。神サポ電気【低圧】は教会のパターンに注目しました。ミサなどの集まりがある土日の使用量が多いため、土日の電気代(従量単価)を安くすることで、全体の電気代を引き下げる電力メニューをご提供しております。まだ、一部地域では満足のいく削減が提供できませんが、近々、もっと削減効果の高いメニューをご提供できるようにいたします。

神サポ電気【高圧】は高圧電力です。こちらはお見積りの上のご契約なので個別の交渉になります。皆様のお問い合わせをお待ちしております。