寄付に関するの税金のお話

寄付に関するの税金のお話

寄付電気は電気代の一部が寄付としてご参加いただいている団体さんに渡されます。企業が「売上のX%を寄付として。。。」とする場合は寄付者がその企業だったりします。その辺があまりきちんとご説明できていなかったので、改めてご説明をいたします。寄付電気の寄付分についてはいったん当社が代行してお預かりいたしますが、寄付者が加入者様です。もちろんXXさんが幾ら、などの数字は個人情報ですから公開はしませんが、寄付をお送りした団体さんへはご提供したり、当社で記録していたりします。なぜその扱いが異なるかと説明すると、それは税金の取り扱いが異なるからです。寄付には通常の寄付と特定寄付金があります。寄付先特定NPOだったり公益社団法人である場合は、特定寄付金として認められます。寄付電気にご参加いただいている団体様でその対象は、特定非営利活動法人国境なき医師団日本(認定NPO法人)、公益財団法人日本アニマルトラスト、公益財団法人 YMCAせとうち(敬称略)がそれにあたります。一般の寄付金は所得控除となりますが、特定寄付金の場合は税額控除となります。つまり、後者は払う税金の一部として認めてもらえます。計算式は以下の通りです。

所得控除 寄付金合計‐2000円=寄付金控除額(所得から控除できます)

税額控除 (寄付の合計金額‐2000円)x 40% =税額控除(支払う税金から引けます)

つまり、月10000円の電気代をご利用の場合、400円の12か月分 4800円の寄付が発生します。
(4800円‐2000円) x  40% = 1120円

が支払う税金から控除されます。これって年に1回ですけど、電気代が1割引きになるのと同じですよね。
もしくは約1%電気代が安くなるのと同じなんです。

いいことをしてちょっとお得な感じもある、大事な情報なので、もっと早く書けばよかったです。すみません。税金のことはこちら仔細にお答えするとちょっと法的な問題があるので、詳しい説明は税務署さんにご確認ください。税務署はとても人当たりのいいお役所で、親切に教えてくださいます。

参考なるページです。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/04_3.htm

http://www.msf.or.jp/donate/kojo.html

 

週間ビル経営さんでご紹介頂きました

週間ビル経営さんでご紹介頂きました

寄付電気の取り組みが「週間ビル経営」という媒体で取り上げて頂きました。週間ビル経営は不動産やビルを経営するいろいろな業態の方に向けた、いわゆる業界紙です。ビルの経営に関する新しい試みや関心事について伝えたり、新しいビル物件の紹介をしたりが主な内容です。その中で、新電力が始まって約2年。そろそろ削減効果という価格競争も出そろった形の現状で、ちょっと違う付加価値を提供していいる電力会社としてご紹介頂きました。当社も寄付電気をやりながらも、普通の電力会社なので不動産、それもビルと電力事業の親和性についてはよく知っています。そんな週間ビル経営さんに相当きちんとした内容とボリュームでご紹介を頂けたので、皆様にご紹介いたします。スキャンが読めない場合はPDFもありますので、info@mydenki.comまで、ビル経営の記事希望でメールをお送りください。

神サポ電気と神サポ電気プラス

神サポ電気と神サポ電気プラス

キリスト新聞社さんとのコラボで「神サポ電気」と「神サポ電気プラス」を20日より受付開始いたしました。

神サポ電気は寄付電気と同じ商品です。お客様がご指定する教会電気代の4%が献金されます。備考欄に献金先の教会をご指定頂くのが新しいところです。当社はいろいろ大変ですが、大丈夫そうです。将来的にネコ電気も寄付先を指定できるようにしたいと思います。

神サポ電気プラスは教会などの施設向けの電気です。こちらは教会さんにご加入をお勧めしているため、献金はありません。神サポ電気プラスには、神サポ電気プラス【低圧】と【高圧】があります。神サポ電気【低圧】は教会のパターンに注目しました。ミサなどの集まりがある土日の使用量が多いため、土日の電気代(従量単価)を安くすることで、全体の電気代を引き下げる電力メニューをご提供しております。まだ、一部地域では満足のいく削減が提供できませんが、近々、もっと削減効果の高いメニューをご提供できるようにいたします。

神サポ電気【高圧】は高圧電力です。こちらはお見積りの上のご契約なので個別の交渉になります。皆様のお問い合わせをお待ちしております。

 

進捗のご報告

進捗のご報告

ネコ電気の6月末の加入者様は累積で3件でした。広告などが不足しており、認知がまだ行き届いていないのが原因かもしれません。7月の中旬から送電が始まりますから、8月の中旬には1回目の検針があります。そのご使用量をベースに9月の初めにはお支払頂く電気代が決まりますので、第1回の寄付金額決まります。福猫舎さんに寄付できる金額がどのくらいか、今から心配ですが、ずっと続くので是非お楽しみと思っております。

写真は3年前の今頃。うちの庭で生まれたはーちゃんをまだ拾うかどうか迷っていたころに撮った写真です。今では元気でうちで暮らしています。様子はこちらから。

2017年6月末現在のネコ電気加入数

エナジーナビさんが記事として取り上げてくれました

エナジーナビさんが記事として取り上げてくれました

エナジーナビさんが記事としてネコ電気を取り上げてくれました。ネコ電気は「寄付電気」という商品の一つです。寄付電気は従来の従量電灯料金と同じ電気代で4%を寄付に充てる電力メニューです。もちろんネコ電気も寄付電気for国境なき医師団も完成して商品ではありませんから、いろいろな人のご意見を頂いて、完成に向けて進めていく商品です。ですから、エナジーナビさんのような、電気に詳しい、そしていろいろな人が読んでくれる媒体で紹介してもらえるのは、とてもありがたいことです。いろいろな人に紹介してもらうために今後ネコ電気バナーでも作ろうかと思っています。ご意見大歓迎なので、こちらのコメント、フォームFacebookTwitterなどからもご意見をお寄せください。

特にネコ好きの方にはおすすめ!って書いてもらえたのがうれしかったですね。

電気代の一部が猫の保護に!猫好きにお勧め!「ネコ電気」の特徴を徹底解説

エナジーナビさんありがとうございました。