ネコ電気

ネコ電気は猫を助ける電気です。
あなたの家の電気代をいまのままで、ネコ電気にかえれば、
電気代から毎月4%を猫達を守る保護団体に寄付します

月12000円の電気代のご家族(3人家族の平均的な使用量)4%を寄付に充てます。保護団体に480円が寄付されます。 飼育されている猫が930万匹と言われています。彼らと一緒に暮らしている飼い主のうち、1万世帯(0.1%)が寄付すれば月480万円。 殺処分を防ぐために必要な、去勢、ワクチンなどは雌で約2.4万円。毎月200匹の猫を里親に出せる状態していくことができます。 そのほかにも、保護団体の餌代、場所代などたくさんの経費が必要ですが、税で賄うとなると、いろいろと問題があります。 そこでねこ電気を選んでください。今までと同じ電気代で、なにもしなくても、毎月、毎月寄付が可能です。

ネコ電気のお申し込み

このボタンを押すとお申し込み画面に遷移します。現在お使いの電力会社の領収書や明細をご用意ください。

ネコ電気のお申し込み

寄付電気(ネコ電気)は株式会社アイキューフォーメーションが運営・販売しております

登録電気小売事業者【A0338】

寄付電気(ネコ電気)は
株式会社アイキューフォーメーション
が運営・販売しております

登録電気小売事業者【A0338】

ネコ電気の寄付先第1号「福猫舎」(福島県郡山市)

寄付電気の寄付先第1号を福島の「福猫舎」さんにいたしました。電気と福島、切っては切れない関係です。電気がもとで過酷な生活をしている「元ペット」の猫たちに家を与えてくれている「福猫舎」さんに真っ先に寄付先になってもらいました。電気を媒体にして寄付を集める私たちとしては必然の結果だと思います。それまで家族と暮らしていた猫達ですが、どうしようもなく、家族と離れてしまい野良猫として生活していた猫達を守ってくれているボランティアさんです。福島で発電されていた電気を使っていた私たちは決して忘れてはいけないことですが、まだ元の家に戻れない人達がいる以上、行政等に依存できる環境ではありません。だから、まだまだ微力ですが、福猫舎さんとそこの猫達を支えていける(電)力になりたいと思います。そして、震災から時間がたっても風化することがないように、ネコ電気は「福猫舎」を応援します。

寄付電気のルール

1:電気代は今までと同じです。(従量電灯の場合)
2:電気代から消費税、再エネ賦課金、燃料調整費を除いた金額の4%を寄付に充てます。
3:寄付金額は毎月ホームページで開示をします。
4:寄付金はできるだけ速やかに寄付を実行します。
5:寄付先と寄付額は公開します。
6:寄付先については加入者様のご意見をできるだけ反映します。
7:変更事項は速やかに公開します。

猫の家を探す重要性

猫や都会でも野生で生きる数少ない動物でしょう。でも、家があるのと無いのとは大違い。左が保護して1年目の様子です。保護する直前の写真と比べると、いろいろなことが思えます。やっぱり外の厳しい環境でいるよりも、家の中の方がいいはずです。そして大事なことは、猫は野生ではほとんど存在しなかったこと。外で暮らす猫の祖先は皆人間に飼われていました。

電気は同じです

新電力に変えても電気の質や安全性は従来の電力会社と変わりません。新電力は国政策として行われ、国から認められた登録小売電気事業者が提供しています。ネコ電気(寄付電気)も同じです。そして、毎月の電気代も今までと同じ。お使いになる皆さんは今までと全く同じ条件です。
■ 当社へお支払の電気代(消費税、再エネ賦課金を除く)から4%を寄付します。
■ 現在のご契約が従量電灯以外をお選びのお客様は電気料金が高くなる場合があります。こちらからお問い合わせください。
■ 毎月末での寄付残高を翌月20日までに(予定)公開します。
■ 翌々月末までにお客様が申込時に選択した寄付先に寄付をします。
■ 寄付先については随時調整としますが、寄付時点で公開します。
■ 契約口数を公開します。
■ 法人、事業所についてネコ電気BIZなどを近日リリースいたします。
■ お申込みにはクレジットカードが必要です。
■ 現在(2017年5月13日)は30A及び相当以上のお申込みに限定させていただいております。詳しくは約款等をご覧ください
■ お申し込みからご案内、送電切替、ご請求の流れはこちらをご確認ください。

ネコ電気のご質問はこちらから

ネコ電気に関する、質問、ご意見などをお待ちしております。なんでも結構です。

ねこ電気へのご質問はこちらをクリックしてください

ネコ電気の加入

このボタンを押すとお申し込み画面に遷移します。現在お使いの電力会社の領収書や明細をご用意ください。

ネコ電気のお申し込み